あけましておめでとうございます。

2020年もよろしくお願い申し上げます。

雅也でございます。

 

2019年の年末

Twitterで2020年の予測を発表しました。

普段は予言や予測はしていませんが、
放っておけない状態だったので、ツイートしました。

 

あまり、良い内容ではないので、
限定公開にしてきましたが、
この度、世界の流れを見て
公開させて頂きました。

https://youtu.be/LDbasEHM6co

 

2020年は平和の分岐点

 

世界は、2014年頃から
何度も戦争へ傾いてきました。

そこをなんとかこらえてきたわけですが、
今年は本当の踏ん張りどきです。

そこで大きな役目を果たすのが「日本」
私たちです。

 

では、どうしていったらいいのかということですね。

日本人はお金の本当の意味を知りましょう

 

占いやスピリチュアルが好きな方には
「お金」を嫌う人が多いのです。
日本人は特に、お金を稼ぐ事に対して、
抵抗のある人が多いです。

 

ただ、世界の争いは
貧困や経済格差から生まれています。

 

これをなくすには
先進国と呼ばれる日本のような国が
しっかりとお金を稼いで、
世界の経済を牽引する必要があります。

 

なぜ日本なのかというと、
日本人は謙虚で、話を聞く忍耐力をもっているからです。

(最近は持ち合わせていない人もいますが)

 

私たち個人ができること

 

では私たち一人一人が
平和のためにできることはあるのでしょうか。

もちろんあります。

 

それは、お金をちゃんと稼ぐことです。

ボランティアも、
歴史的建造物も、
災害の復興も
すべてお金がかかります。

 

これは勝手にお金が出てくるわけではなく、
税金や借金からなりたっています。

 

国の借金を減らしたり、
困った人を助けるには、
私たちがたくさんの税金を払うことが大切なので
たくさんの給料をもらうことこそ
人助けになるということなのです。

 

寄付は好きだけど、税金は払いたくないという人も
いらっしゃいますよね。

でも、税金で、
様々な公共施設が維持できますし、
災害援助もできますし、
母子家庭や、親の居ない子どもたち、
そして、生活保護や医療など
様々なことがまかなわれています。

 

つまり、税金は
「取られている」のではなく
「寄付」なのです。

 

あなたの税金で救われる人が居る。

そして、
2020年からは
戦争を回避するという
「平和のためのお金」になっていきます。

 

だからこそ、
日本人はもっとお金の事を考えて学びましょう。

世界では、経済力=発言力です。

 

私たちが幸せに暮らすには
まだまだ、力を見せつけなればならない場面がたくさんあります。

 

日本は軍事力ではなく、
経済力で平和を維持していく貴重な国です。

平和で素晴らしい国にしていきましょう。

詳細は動画でご覧ください!

https://youtu.be/LDbasEHM6co