幼児期の子どもや
赤ちゃんの手相は
難しいとお話しています。

 

経験を積むまでは、
しっかりと見るのは
大変です。

 

先日から申し上げているとおり
それでも、「主要線」は
ハッキリとしています。

 

〇 生命線がすごい!

特に生命線は
大人よりもハッキリとしている
傾向にあります。

 

なぜなら、
赤ちゃんは「生命力の塊

頭脳や感情よりも
「生きること」が
最も大きな使命です。

 

そのため、
ほとんどの赤ちゃんは
大人の時以上の濃さ
生命線が刻まれています。

 

〇 胎児の時にはハッキリ

私は、
胎児のエコーで
手相のエコーを見たことがあります。

 

その時にも
ハッキリと生命線が
刻まれていました。

 

それほど重要な生命線ですから、
赤ちゃんの頃は、
性格などを判断しようとするより
生命線の濃さや長さに注目して
その子の「生きる思い」を
感じてみてはいかがでしょうか。

 

〇 まとめ

手相は、
知っていることを活用して
判断していけば
色々わかるようになります。

 

しかし、勉強しはじめの頃は
色々見ようとすると
余計にわからなくなるものです。

 

特に、子どもや赤ちゃんでは
余計にわからなくなって
します。

 

なので、
今日のように、「生命線」など、
ひとつの線に注目して、
勉強していくことを
おすすめします。

だからこそ、
このメルマガが役立ちます!

ぜひ、赤ちゃんの生命線を
見てください。

驚くほどキレイに出ていますから
手相の勉強のためにも
観察してみてください。