今日はいただいたご質問

「両手に仏眼相がある場合の深い意味」について
詳しく解説しています。

動画や関連記事も記載していますので
ぜひご覧ください。

 

 


「仏眼相が両手にありますもっといい話があれば動画で聞きたいです」

今日はこちらにお答えをさせていただこうと思います
こういうご質問ってすごくありがたいですよね

手相に限らず占いやスピリチュアルで
一番残念な所というのは
「すごくいい意味」か「すごく悪い意味」の
どちらかが極端に強調されてしまうことです

本当のところはどうなんだろう?と
気になるというのはすごくいいことですし
すごくいいご質問ですね

今回はじっくり解説をしていきますので
ぜひ最後までお聴き頂いて
今後も手相の動画スピリチュアルな動画をたくさんお届けしていきますので
チャンネル登録メルマガ登録もお忘れなく

仏眼相の意味をおさらいしていきます

仏眼相というのは
直感や霊感に優れていて
ご先祖に守られているというような意味がベースにあります

もちろん諸説あって
先生ごとにも様々な解釈がありますが
おおよそ直感、霊感
そしてご先祖に守られているという
この3つ

霊感にピンとこない

ただこの直感や霊感と言われても
ピンとこないという方もいらっしゃいますよね

幽霊は見ないとか
霊感はないのになぜ仏眼相があるんですか?
それはおかしいんじゃないですか?という疑問もありますよね

実は直感や霊感というのは
手相のとても浅い部分の意味なんです

耳障りがいいので
その意味が広まっていってしまっています

仏の目はこんな意味

仏眼相というのはその名の通り
「仏」の「眼」の「相」と書きます

仏様の目というのは
常に半眼ですね

半分目を閉じていて半分目を開けている状態

これは何を示しているのかというと
それは「三昧」の状態なんです

半分目を開けている状態は三昧に入っている状態
この三昧というのは仏道修行でいう
「瞑想」をしている状態を示しています

まあ宗派によって様々ですね

解脱している状態という人もいれば
悟っている状態と表現する人もいますが
瞑想している状態というのを思い浮かべると1番近いと思います

手相の両手に仏眼相があるのは

そして、手相親指に仏眼相があるという状態
しかもそれが両手にあるというのは
どういう意味なのかと言うと

瞑想している仏様の目が親指にあるわけですよね
瞑想している時の仏様というのは
非常に冷静です落ち着いています

感情的に瞑想するってことはできないわけですよね

冷静に俯瞰している状態を
瞑想状態と言います

それが親指にあるということは
冷静に世の中を見る能力をあなたが持っているということです

そして常に
言葉や出来事に対しても
冷静に判断をしていくことができるというのが
仏眼相の正しい解釈です

ですから霊感があるというのは
少し飛躍すぎた意味なんですね

極端なことを言えば
人間には全員霊感がありますから
全員が仏眼相がなければおかしいということになります

 

そしてこの両手に仏眼相がある人というのは
生まれ持って世の中を俯瞰してみる能力を持っている

そして右手の仏眼相は
これからも世の中を冷静に見ることができるという
非常に素晴らしい能力の持ち主ということなんです

ですから、はたからみると少し冷たいところがあったりとか
みんなのように一喜一憂することが苦手だったりしますが
それはとても良い所なんです

お釈迦様と仏眼相

実はすごい能力がある人というのは冷静なんです

どうも霊感と言うと
何かが見えるとか何かが乗り移ったと
すごく大げさに捉えることが
能力が高いって取られがちなんですが
能力が高い人ほど冷静です

これは釈迦様を考えていただければ
間違いないんです

今までの人類の中で
おそらく最も冷静に最も俯瞰して
世界を見て人を見ていたのが
お釈迦様ですね

そして目の前の人に合わせて説法をする姿
そして質問に対して答えるまで瞑想している姿こそ
仏眼に他ならない半眼の状態ということなんです

当然ですが
僕はお釈迦様の手相を見たことがありません!
ですからお釈迦様に仏眼相があったかどうかはわかりません

ただ瞑想している状態を示す仏眼相というのは
世間で言われているような
不思議な能力のことではなく

落ち着いて世界を見ている状態ということを
考えてください

このように見ていただくと
手相も現実的に解釈ができるようになります

関連記事動画

仏眼相が右手に!これってどんな意味?

仏眼相が左手だけにある場合どのように判断するのか

手相に出る仏眼相。神秘的なこの相の意味を優しく解説

仏眼相と神秘十字を知りたい人へ簡単な意味を解説