あなた
今日は「親指」に注目してください。

 

この記事を読んでいる
あなたなら
もうご存じかもしれません。

それほど有名な
仏眼相
解説します。

 

[wp-svg-icons icon=”pencil-2″ wrap=”i”] 仏眼相とは

親指の第一関節に出る
眼のような形の線です。
仏眼相

写真の赤い部分。
赤で書くとなんだか口の様ですが
眼の形と考えてください。

 

親指の両手に出る可能性があります。

 

[wp-svg-icons icon=”pencil-2″ wrap=”i”] 仏眼相の意味

手相界では様々なことが
言われています。

 

例えば、
「霊感が鋭い」
「神仏に愛されている」
「ご先祖からの守護が強い」など。

 

鑑定している経験からすると
直感や勘が鋭い人
仏眼相を持っています。

霊感やご先祖というと
怖いと感じる方もいると思うので
勘が鋭いと考えてください。

 

[wp-svg-icons icon=”pencil-2″ wrap=”i”] 勘が鋭いとは

勘が鋭いというのは
霊感があるわけではありません。

第一印象で感じる
「なんとなく・・・」という感覚が
普通の人よりも
当たる確率の高い人です。

 

かなりの確率だと思います。
私としては、ぜひ占い師として
育てたい人
と言えます。

 

[wp-svg-icons icon=”pencil-2″ wrap=”i”] まとめ

仏眼相は親指に出る

霊感や守護が強い印で
勘が鋭いと考えてください。

仏眼相を持つ人の直感は
かなりの確率で
当たる傾向にあります。

 

こんなことを書いている私も
両手にしっかりと出ています。
講座や鑑定で見に来てください。