手相の中心の線は運命線?それとも知能線(頭脳線)のこと?

手相を理解するためには
地図のように考えることが
大切です。

 

地図のように理解するためには
中心をしっかりと知っておくことが
大切です。

 

今日は線の説明ではなく、
手相を効果的に覚える方法のひとつを
ご紹介します。

〇 中心とは

 

手相には数々の線があります。

手相の「中心」と言っても
2つあります。

 

ひとつは、そのままの意味の
手の中心にある線」です。

 

そして、もうひとつは
手相の中心になる線」です。

同じような言い回しですが、
少し違います。

 

ひとつずつ見ていきましょう。

 

〇 手の中心にある線

 

手を観たときに、
ほぼ中心に位置している線というのは
運命線」です。
運命線

 

運命線は、
仕事や、人生のドラマ
つまり、結婚や出産、離婚や
転職、家の購入など
大きな出来事が出る線です。

 

多くの場合、
手を縦に二分割する中心に位置して
います。

 

意味をみても、
人生で欠かせない線ということに
なります。

 

しかし、日本人は
運命線がない人も結構な数います。
ないからと言って
悲しむ必要はありません。

ないというのは、普通の事です。
参考記事:運命線

 

〇 手相の中心になる線

 

先ほどとは違い
中心になる」線は
頭脳線(知能線)」です。
頭脳線知能線

 

頭脳線も、手のひらの中心にあるような線ですが、
大切なのは、意味の部分です。

 

頭脳線は、手相で最も重要な線であり
性格や生き方を知るために
中心になる線です。

 

私たちは鑑定する際に
必ず頭脳線を軸に考えます。

ほかの線で、いくら
大成功の線があったとしても、
頭脳線が人見知りで
優柔不断であれば、
大成功をつかむのは非常に難しく
なってしまいます。

 

ですから、どんな状態でも
もう一度基準として見る線
頭脳線です。

 

〇 まとめ

 

手相は、地図のように把握すると
理解が早まります。

 

地図の中心は「運命線」
運命線は
人生の大きな出来事を示す
重要な線です。

 

鑑定していく上で
中心となる線
知能線頭脳線

どんな線も、
必ず頭脳線の状態を確認する
鑑定の軸になる線です。

 

このように、
どこに立ち戻ればいいのか
知っていると
手相はもっと面白くなります。