手にはたくさんの線があります。
多くは直線に近く
曲がっていても
曲がり方は穏やかです。

 

今日紹介する印は
なめらかどころか
」になっている線についてです。

 

[wp-svg-icons icon=”pencil-2″ wrap=”i”] 円環紋

現代では「」とか
サークル」と
呼ばれることが多いです。

 

手相学では
円紋」や「円環紋」と
呼ばれています。

 

この図のような状態です
手相の円紋

 

[wp-svg-icons icon=”pencil-2″ wrap=”i”] 円の意味

手相のどこにでも現れる
「円」についてお話します。

 

日本においては「まる」
というのは
印象がいいですよね?

 

しかし、これは
障害」と「不運」を暗示する
凶相とされています。

 

手の構造上、というか
使用方法上
このように円のシワが出
ということは
非常に珍しいことです。

ですから、
あまり心配はいらないでしょう。
私も鑑定で見かけることは
ほとんどありません。

 

5000人以上鑑定させて頂いておりますが、
キレイな円は見たことがありません。

 

[wp-svg-icons icon=”pencil-2″ wrap=”i”] 幸運な場合も?

一説によると
太陽丘にある場合は
幸運の吉相である
というもあります。

 

[wp-svg-icons icon=”pencil-2″ wrap=”i”] まとめ

は「障害」「不運」の象徴

しかし、手の構造上
丸いシワができることは珍しく
気にする必要はありません。

太陽丘に出た場合は
幸運の吉相という説もあります。

こういうときは
「良い方」を参考にしましょう!