復縁の方法が知りたい!
という人は多いようです。

今日は手相では
復縁を見る線があるのかどうか
学んでいきましょう。

〇 復縁線(元サヤ線)

手相にも復縁に関する線は
あります。

そのひとつが
復縁線。別名元サヤ線
元サヤ線復縁線

これはネットで書かれていることが多い線です。

変わった線ですよね。
結婚線にひし形の印が
入っている状態です。

 

この線は、
当然結婚線になるわけで、
結婚に関する運勢を見ます。

結婚線に四角があるので
結婚が守られる
私は見た方がいいと思っています。
参考記事:四角紋

手相にでるスクエア(四角紋・シャープ)の基本的な意味を、初心者向けに解説

復縁よりも
いい結婚と考える方がいいでしょう。

 

〇 元サヤ線

元サヤ線と名付けたのは
おそらく島田秀平氏だと思いますが
彼が「元サヤ線」として
紹介しているのは
このような線です。
元サヤ線復縁線1

結婚線の先端が二股になり
その先にまた線がある状態。

これは、今まで縁があった人と
再び再会し結ばれる
ことを
意味しています。

厳密には「縁があった人」なので
元彼、元カノとは限りません

同級生や前の会社の人など
今までに縁した人と
今後繋がることを意味します。

 

〇 私はこれが一押し

ネット上にはどのように書かれているか
わかりませんが、
私が一押しの復縁の印
コレです。
元サヤ線復縁線2

結婚線の下に
起点が少し手の端から
離れた位置にある結婚線が
出ている場合。

これは、1回目
恋愛関係になった人と
結婚に至らず別れます。
(起点が離れた位置にある結婚線が示している)

そして、その後
同じ人と再びよりを戻す
ということを示しています。

復縁する可能性としては
今まで紹介した線よりも
可能性が高いと言えます。

 

%name1%さんのお知り合いで
復縁したいと願っている人がいたら
教えてあげてください。