手相で最も迷うところのひとつが
左右の違い」です。

 

実際、手相講座に行ったり
本を読んだりすると
「左右の定義」は学べます。

 

しかし、線ひとつずつで
左右の見方を細かく説明している
本や講座は存在しません

 

手前味噌ですが、
私の講座では
左右の違いを線ごとに解説して
います。

 

手相の見方大事典と言っている
私のサイト。
そして、講座は
世界で最も詳しい手相講座と
題して開催しています。

だからこそ、
ここでも超細かく
ご説明させて頂きます。

 

本日は
起点が月丘の運命線が
左手にある時
」のお話しです。

〇 運命線の意味

 

基礎が身についている方は
読み飛ばして下さい。

 

運命線
人生におけるドラマ
転職、就職、出世、
結婚、出産、離婚など
大きな出来事が出る線です。

 

そして、
仕事を司る線でもあります。

 

〇 月丘の定義と意味

 

月丘は小指の下の方
手首に近い膨らんでいる部分です。

月丘

 

月丘は主に
想像力、妄想力を司り
直感や美的センス、感受性
そして人気を司ります。

 

月丘は単体の意味を判断するよりも
そこにどのような線があるのか
ということで
線の意味の付録として
考えることが多いです。

 

〇 左手の意味

 

そして、左手の意味です。

当然、諸説ありますが、
私は「左手」は
その人の元々持っている
「運命」「資質」など
一生を通して変わらない部分
刻まれていると考えています。

 

つまり、その人の性格や
考え方、これから歩む運命の
軸となる部分が出ていると
考えています。

 

〇 左手の運命線

 

その左手に
月丘から出る運命線があるなら
どのように解釈すれば良いのでしょうか。
運命線 起点月丘

 

まず、左手に刻まれている運命線は
その人の歩むであろう
運命の道筋や仕事の仕方が出ます。

 

その運命線が、月丘から出ているわけで、

 

この人は
元々アイデアマンである。

 

幼少期は特に
物思いにふけって、
自分の想像力の中で
遊ぶ
ことが多かったでしょう。

 

親御さんは心配したかもしれません。

 

その想像力の中で
新しい発見や疑問が出てきて
勉強していくタイプです。

 

また、なぜか
人に好かれて人気のある
タイプである可能性も大。

 

歳を重ねて、仕事をする年齢になると
アイデアや直感を生かして
仕事をしていくことになります。

 

大人になっても、
物思いにふける傾向はあり
結婚や家庭を持っても
一人の時間をとても大切にする
タイプの人です。

 

一生通して変わらない部分なので
それを生かしていくことが
大切です。

 

想像力の豊かさが取り柄なのに
そんな自分を責めないでください。

 

また、自分ではなく
月丘から出る運命線を持つ人が
家族にいたときに
「こもってないで外で遊びなさい」や
「考えてばっかりで行動がない」などと
批判してはいけません。

 

人生でとても大切なことは
その人の持ち味を生かすことです。

 

尊重してあげましょう。

 

〇 まとめ

 

左手はその人の一生変わらない
運命や資質が出ます。

 

そこに、月丘から出る運命線が
出ている場合は

生まれ持って想像力のあるタイプ。

 

物思いにふけるのは
その人にとって重要な時間
です。

 

また、自然と人に好かれるタイプの
人が多いです。

 

この持ち味を生かして、
仕事をしていくと
人生順調に進んでいきます。

 

次回は右手にある場合を
見ていきましょう。