仕事」という言葉を聞いて、
湧き出てくる思いは人それぞれでしょう。

多くの場合、人生の大半を費やすことになる「仕事」。
だからこそ、「楽しい」「やりがい」「幸福感」を
仕事から得ることはとても重要であり、
人生の質に大きな影響を与えます。

 

今回は「仕事運」を「女性のため」にフォーカスして、
手相の見方を解説していきます。

 

1.仕事運は男女で手相の見るところが違う?

 

男女平等を目指せる社会になり、
女性の社会進出が活発になってきました。
私は差別するつもりはまったくありません。

 

しかし、まだまだ世の中では、
難しい立場の女性は多いのではないでしょうか。

そして、同じ人間であっても、
性別の違いは様々な違いが生じています。

 

女性が仕事でうまく行くためには、
女性特有の良さをより一層伸ばして頂くのが最適です。

 

これからお話しすることに関して、
差別や不愉快だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、
そういう意図はなく、
あくまで手相家からみた、客観的な記事である事をご理解頂ければ嬉しく思います。

 

話しを手相に戻しますと、
日本は長い間、女性の働く環境は極めて少ない国でした。

 

そのため、
女性のための仕事運の見方を明確に示している手相の本はありませんし、
研究もありません。

 

女性が仕事運を調べると
「成功」とか「起業」とか、
そういう記事に行き着いてしまうことでしょう。

 

手相でも「成功」「起業」などに関する線は、
すごく解説されていますが、
女性として幸せな仕事運という観点では、
まだまだ研究の余地がある手相の分野です。

 

ここでは純粋に「楽しく」「やりがいのある仕事」「幸福感」をテーマに
仕事運を分析するために、
一般的な手相学で言われている手相の仕事運の見方とは大きく異なります。

 

つまり、男性の仕事運を見る手相の見方と、
女性の仕事運を見る手相の見方では大きく違うという事になります。
見る線や大切な線も違ってくるので、
なるべく基本からお話を進めて行きたいと思います。

 

1-2 手相から仕事運を見る時の基本

 

手相では「仕事運」を見る時に
運命線」を見ましょうというのが主流です。

 

女性ももちろん「運命線を見る」という事は大切です。

 

しかしいくつかお話しておかなければならない重要なポイントがあります。

 

一つ目のポイントは、
日本人では運命線がない人が多い」という事。
これはつまり、仕事運をみたくても、
目安となる運命線を持たない人が多いという事なので、
鑑定が難しい人がいるということです。

 

鑑定の時には別の線を見るのですが、
このような誰にでもわかる記事で説明するには難しすぎてしまうため、
運命線がない人の仕事運を見る事は非常に難しいことです。

 

そして、2つ目は、
男性向けの解釈」が多いということです。

 

女性で運命線を持っていたとすると、
少し前は「かかあ天下の手相」とか「男性を尻に敷く」とか、
こういう解釈がメインでした。

それはなぜかというと、
「運命線は男性に出るもの」という考え方があったからです。

 

ということは、
運命線の解釈自体が「男性の仕事」を鑑定するためのものであり、
女性には適用しにくく、
しかも、女性の運命線に関する研究を細かくした人はおそらくいないため、
男女ではこの運命線の見方は大きく変わらなければおかしいですが、
今は女性の運命線が研究されていないというのが手相界の現状です。

 

良い事だけ書けば良いのかもしれませんが、
私としては、論理的に手相を説明する時に、
隠すことではないと考えているので、
このような手相の課題もしっかりとお伝えしていきます。

 

こんな堅苦しいお話だけでは疲れると思いますので、
男女で仕事運を見る時に、
私は手相の見方が違うわけですが、
その理由を説明していきたいと思います。

 

1−3男女で仕事運の見方が違う理由

 

女性の方からは「古い」と言われてしまうかもしれませんが、
仕事運」の見方は男女で違います。

 

これは、体格や体のつくりはもちろん、
適正な仕事は違ってきますし、
女性特有の女性にしかできない事もたくさんあるため、
単純な男性と同じ見方をしても、
女性の仕事運を的確に判断することは難しいからです。

 

決して男性と同じ仕事が出来ないからではありません。

 

女性にしかできない事、
女性だからこそできることを考えて、
手相は発展させていく必要があります。

 

これからは、女性の素晴らしい部分をしっかりと考慮して鑑定していくことで、
「仕事運」の見極めは飛躍的に高くなると信じています。

 

男女では仕事運の見方は大きく変わっていくという事を
ご理解頂ければと思います。

 

2.女性のための仕事運を見る手相の見方

 

私は鑑定を通して、
女性の素晴らしさがもっと世の中に伝われば良いのにといつも思っています。

 

女性は植物で例えるならば「」です。
生き生きと咲き誇る花が一輪、
家庭にも職場にもあると、雰囲気はガラッと変わります。

 

男女差別ではなく女性にしかできない役割もとても多いのです。
そこに注目しながら、
女性のための仕事運の見方を解説します。

2−1 まずはやっぱり運命線の有無と形を見ましょう

 

日本人は、男性でも
「運命線」を持っていないという人はたくさんいます。

運命線

そのため、女性の場合は「運命線がない」という人はかなり多いです。

 

それは、やはりあまり社会に出ることができなかった事も
関連していると思います。

手相占いにおける運命線の意味を簡単に解説します。

しかし、一番は陰で支えるタイプの女性が多かったという事です。
内助の功という言葉もあるとおり、
自分が目立つ事よりも、
誰かを立てることに喜びを感じた時代があったと言うことです。

 

現代においては、
女性も徐々に運命線を持つ人が増えてきました。

 

まずは、
自分の手に運命線があるかどうかを確認することが
仕事運を見る最初のステップです。

 

運命線がなくても悪いわけではありません。
多くの女性にはまだまだ運命線はありません。
それが普通です。

 

運命線のある女性の場合は、
比較的若い頃から、
リーダーシップを発揮したり、
これをやりたい!」という気持ちが強かったりしますので、
外で働いたり、
自ら事業を興したりという事に向いている傾向を持っています。

 

2−2 実は太陽線も仕事運に重要な線

 

太陽線」と聞くと、
今はネットで調べると「金運の線」とか
「お金が入ってくるかどうかを見る線」と
解説されている事が多いです。

太陽線

ところが、元々は「芸術性」を見る線でした。
「芸術性」と「金運」にどんな関係があるの?と思いますよね。
実はあるんです。

 

芸術性」=「その人の魅力」なのです。

 

よく「オーラがある」という言い方をします。
その人の存在感や、感じ取る迫力みたいなものです。

その人に「魅力」がある、
または「魅力」を充分に発揮できている状態の人には、
自然と、人とお金がよってきます。

 

お金が勝手によってくることはもちろんありませんが、
人が集められるということは、
そこに何かのイベントを組み込むことによって
お金を得ることができます。

 

実は、「自分の魅力」を生かしてこその「金運」を
太陽線は示していたのです。

 

ということは、
金運を良くしたい」という場合には
自分を磨く」が一番ですね。

 

そして、良い仕事をもらうには、
「自分の魅力を発揮する」ことが大切になってきます。

 

特に女性は、自分の魅力に気がついている人ほど、
美しく見えるものです。

 

自分の魅力を高めることは、
どこにも無駄がありませんので、
ぜひ、魅力を伸ばす何かをしていきましょう。

 

2−3 仕事で何を得たいのかでも、手相の見方は変わってくる

 

「私、そんなにお金を求めていないんですけど」と言う方もいらっしゃいます。
それはそれで良いのです。

 

仕事の話しをすると、
どうしてもお金と関連してきます。

 

特に日本人はお金の話を嫌う傾向にありますが、
お金はあくまで中立的な立場です。
どう使うかが問われているわけです。

 

さて、仕事と言っても
「生活のお金のため」の人もいれば
「ライフワーク」と捉えて、生き生き働いている人もいますし、
サラリーマンでも楽しく仕事をしている人もいれば、
起業して苦しんでいる人もいます。

 

実は、仕事運を見る場合に大切な事は
仕事で何を得たいのか」と言うことをハッキリさせることなのです。

 

ただ、「私の仕事運はどうでしょうか?」では
ぼんやりとした答えしか出せないこともあります。

 

しかし、「将来はこんな仕事がしたいんです。できますか?」と
ご質問頂ければ、
それに関連する手相を見ることで詳しくお話していくことができます。

 

つまり、「自分がどうしていきたいのか」が
ハッキリしている人とそうでない人では、
同じ「仕事運」を見るにしても、
手相の見方が変わってくるわけです。

 

ということは、
やはり「自分」が大切だということになります。

 

あなたは、仕事を通して「どうなりたい」という目標はありますか?

お金を得たい、やりがいを得たい、
生きがいを得たい、経験を得たい、様々あることでしょう。

何が一番大切なのか考えて、
運命線や太陽線を観察すると、
また違って見えてくると思います。

 

3.女性が仕事で幸せになるためにあると嬉しい手相の線

 

日本においてはまだまだ、
女性が仕事で幸せになることが難しい場面があります。

女性の方は、日々感じていらっしゃるのでは、ないでしょうか。
こういう状態の中でも、「仕事」という面からみて、
うまく行っている人たちの特徴を、
手相を絡めてお伝えしていきます。

3−1 女性はやっぱり美しい花

 

女性が活躍するためには、その美しいつぼみを、
しっかりと開花させることが重要です。

美しい花には、
たくさんの生き物が集まってくるのと同じように、
美しい女性には、たくさんの人が集まってきます。

 

もちろん、害虫も寄ってきますが、
最高の人脈や運も集まってくるのです。

 

では、開花させる方法は何なのかというと、
実は「笑顔」です。

 

顔の作りやお化粧、着るものに関係なく、
女性は笑顔でいるという事にとっても価値があります。

 

笑顔は花で言えば満開の状態です。
職場でも家庭でも、女性の笑顔は多くの人を幸せにすることができるのです。

 

そして、特に良い笑顔をする人というのは、
手相的には「血色が良い」人です。

 

血色の良さは、手のひらを見るとわかります。
手のひらがうっすらピンク色でツヤのある手をしている人ほど、
良い笑顔をするものです。

 

ただ、手の色というのは、自分ではわかりにくいですよね。
手相からもわかる部分があるので、ご紹介します。

 

3−2誰からも好かれ愛される?

 

手相で「人から好かれる」ということを判断するには
人気線」か「寵愛線」を見て頂くのが、
一番簡単でしょう。

 

この二つの線は「名前が違うだけで同じ線を指す」と考える先生と、
「それぞれ別の線で、別の意味」と考える先生がいらっしゃいます。

 

このあたりは手相家になることがないのであれば、
厳密に「どちらが正しいのか」と
考える必要はないと私は考えています。

 

ここでは、簡単にわかる解説していきます。

 

ここでは「人気線」と「寵愛線」は基本的に同じと考えてください。

 

この線は、
芸能関係のお仕事をする人と言われることが多いですが、
実際は、そんなに華やかなお仕事ではない人にも人気線は出ます。

 

そして、人気線がある人ほど、
仕事関係で、多くの人脈を「自然に」作り上げていくタイプです。

 

人気線

人気線は主に、このような場所に出ると言われています。
小指側、手首近くに、短く斜め上に伸びる線の事です。
複数あった方が良い場合と、一本でもいい場合と、様々です。

 

それは、単純に人によって受けた方が良い、
または受け止められる人気の量が違うからで、
多ければ良い、少なければ良いというものでもありません。

 

「私は好かれるタイプかな?」と気になる方は、
この「人気線」があるかどうかチェックしてみましょう。

 

次に同じ線ですが「寵愛線」として見る場合です。

 

先ほども書いたとおり、
「人気線と一緒」と考える先生もいますし、
寵愛線の場所や形は先生ごとに様々な解釈があります。

ここでは、一般的なものをご紹介したいと思います。

 

寵愛線の意味としては、特に仕事に関して効果を発揮します。

 

例えば、
上司や先輩からなぜかかわいがられる人っていますよね?。

そういう人はこの寵愛線を持っている可能性が高いのです。

 

周りから見たら、
こびを売っているとか、
様々な噂が出るかもしれませんが、
本人としてはいたって普通の事をしているだけで、
なぜかかわいがってもらえるだけなのです。

 

少しでも人間関係を改善していきたいと思っている人は、
この線があるかどうかチェックしてみましょう。

 

4.まとめ 手相の仕事運と一言に言っても男女では見方が違います。

 

これは差別という意味ではなく、
男性には男性の魅力、
女性には女性の魅力があり、
もちろん、LGBTの方には、LGBTの魅力があるわけです。

 

それぞれの魅力の発揮ポイントは違いますから、
見方も違ってくるわけです。

 

一番大切なことは、「自分の魅力」を知る事。

 

そして、その「魅力を発揮」する方法を知っている事です。

 

そのために、手相を活用するのは非常に面白いですし、
役に立つことになるでしょう。

 

自分で見極めるのが難しいという方は、
素晴らしい先生がたくさんいらっしゃいますので、
手相を見てもらうのも良いでしょう。

最後に、女性の笑顔は世界を平和にします。

それだけの魅力があります。

これは男性では中々できないことです。

 

ぜひ、毎日笑顔で過ごしていくことを心がけてみてください。
人気線や寵愛線がなくても、
人間関係や仕事は大きく良い方向に動き始めますよ!