感情線
その名の通り
感情を司る線です。

 

感情というのは
なければ人間ではないですが
あればあったで
問題になるものです。

 

あなたも
感情によって
失敗したことがあるのではないでしょうか。

 

また、
心を動かされて
感動したこともあるのではないでしょうか。

 

この扱いにくい
人間らしい心の動きを
どう見るのか
濃さに注目して
視ていきましょう

 

〇 感情線が濃い

 

感情線が濃いというのは
いろんな意味があります。

これは、感情線の
長さにも影響を受けます。

 

そのため、濃さだけで
意味が確定するわけではありません
ここは重要なポイントです。

 

線が濃いというのは
今まで、生命線と頭脳線で
やってきたとおり
意味が強くなります。

 

つまり、感情線の
影響力が強いことを意味しています。

 

単純に言えば
感情線が濃いというのは
感情的な傾向が強いと言えます。

 

しかし、これだけで
判断するのは非常に危険です。

 

〇 感情が果たす役割

 

「感情的」という表現は
どうしても、
悪いイメージがあります。

 

しかし、芸術家や
感性を使って何かを生み出す仕事の方は
この感情が重要な鍵を握ります。

 

ですから、
感情的なのは
ヒステリックなことだけでなく、
涙を流すような感受性や
神秘的な事を感じる
芸術性も備えているということです。

 

ですから、
感情線が濃いということに
良い悪いはありません

 

感情豊かである方が
人生は楽しめることも多いでしょう。

 

感情線が濃い人は
恋をしやすい傾向も持っています。

 

感情線は手相の中でも
重要な役割を果たしていますが、
生命線と頭脳線の影響を大きく受けることになります。

 

そのため、
必ずそれらの線を視て
判断するようにしましょう。

 

〇 まとめ

 

感情線は感情を司る線。
濃さは感情の強さを示す。

 

感情的という表現は誤解を生む可能性がありますが
簡単に言えばそういうことです。

 

感情もヒステリックな状態から
感受性まで様々で
良い悪いは
生命線や頭脳線の状態に
大きく影響されます。

 

感情線単体で決めつけずに
必ず手全体を見ることにしましょう。