感情線は
その人の心の動きが
わかる線です。

その感情線が
「鎖」のようになっている場合
どんな意味があるのでしょうか?

〇 鎖状

まず、鎖になっている
感情線を確認しましょう。
感情線鎖

この見本の様に
ハッキリと鎖になっていることは
非常に珍しいです。

通常は、
細く細かい線がたくさん交錯して
鎖のようになっていることが多いです。

 

〇 意味

鎖状の感情線は
感情線が乱れていると考えます。
細かい線が複数あることから
感情線が複数あることと
意味はとても近くなります。

 

鎖状の感情線を持つ人は
恋多きタイプと考えます。

異性に対して
好意を抱きやすかったり、
浮気性だったりします。

もちろん、必ず浮気をするという
わけではありません

そして、好きになりやすい傾向は
対人だけでなく、
趣味や興味にも及びます。

そのため、感情線が鎖状の場合は
多趣味な傾向にあります。

多くの趣味を長く続ける人もいれば、
いろんなことを次から次へと
チャレンジする人もいます。

短所があるとすれば、
ひとつのことを長く続けることが
苦手な傾向にあります。

〇 いかすには?

鎖状の感情線を生かすには
たくさんのことに興味を持つので
とにかくいろんなことをやってみましょう。

その中で、
自分が本当にやりたいことや
心から愛せる人に出会えるでしょう。

 

〇 まとめ

感情線の鎖状は
細かい線が集まって
できることが多い。

意味としては
惚れやすい傾向にあり、
それは対人にかかわらず
いろんなことを
好きになる傾向を持っています。

それを生かすために
色々とチャレンジをして
いきましょう。

幅広い知識と経験を持つ
頼もしい人になれるでしょう。