手相は、基本として
「上に上がる」=「吉相」
「下に下がる」=「凶相」
考える傾向にあります。
「凶相」というとすごく悪い印象ですが
すぐに悪いことが起きるということでは
ありません

 

頭脳線(知能線)のように
傾斜して下がることが当たり前の線
以外

なるべく「上に上がる」のが理想です。

 

しかし、感情線だけは
例外
です。

〇 感情線が下がる

 

感情線が「下がる」
という表現の場合
「感情線自体」が下がった位置にある場合
「感情線の先端」が下がる場合があります。

 

まず、
「感情線自体」が下がった位置にあるのは
先端の向きはほぼ上向きになるので
これは関係ありません。

 

感情線自体が下がっている状態は
また別の機会にお伝えします。

 

〇 感情線の先端が下がる

 

感情線の先端
「表情豊か」とお伝えしています。

 

その中でも前回
「分岐」「二股」を
思い出して頂くと
「先端が下がっている」状態であると
気がつくのではないでしょうか。
感情線の枝分かれ

参考記事:感情線枝分かれ

感情線が枝分かれ?二股?どんな意味があるのでしょうか

 

このように、
感情線は下がっているからといって
悪い意味とはなりません。

 

では、感情線の先端が1本で
下がっている場合は
どのような意味になるのでしょうか。

感情線下がる

 

先端が枝分かれせずに
下がっている場合、
枝分かれや二股の時と同じで
感受性の豊かさ」を示します。

 

特に「愛情」に関わる部分が発達して
良い面としては
愛情豊かな人」。

 

悪い方向に出てしまうと
「愛情の押しつけ」や
「愛がないと生きられない」という
依存傾向になってしまう人もいます。

 

別れたいけど別れられない人などが
感情線が下がっている可能性があります。

 

悪いことを最後に伝えると
悪いことが頭に残りやすいですが
基本的には
「感受性豊か」「愛情豊か」
人が多いのです。

 

下がっているからと言って
悪いことはありませんので
安心してください。