記事の中によく出てきますが、
線の長さ」は
意味の強さ」に比例する
という公式。

これは、私が間違いないと
判断して
よく使っています。

それを感情線に当てはめれば
話は終わってしまいます。

 長い感情線

感情線が長いと
その意味も強くなります。

感情線は
その人の「感情」に
関わることが示されています。

つまり、感情線が長いのは
感情が強い」ということを
意味しています。

長い感情線

 感情が強いとは

感情が強いとはどういう状態か。
わかりやすく言えば
「感情的」ということ。
もう少し丁寧に表現すれば
感情優位」な人です。

感情的というと、
なんだかいつも怒ってばかり
というイメージかもしれません。

そうではなくて、
「面白い」「楽しい」「素敵」
という感情に
正直に生きる人です。
計画性よりも
楽しさを重視して生きるタイプで
恋愛も恋多きタイプです。
気持ちがなくなれば
すぐにやめてしまう。
熱しやすく冷めやすいタイプとも
言えます。

 良さは人生を楽しめること

計画性がないと表現すると
マイナスなイメージですよね。
しかし、今目の前にあることを
楽しめるタイプなのです。
後々のことを考えて、
自分をセーブすることなく
「せっかくきたんだから」と
全力で楽しみます。

感情がすぐに表に出るので、
わかりやすく、正直な印象を与え
信頼関係を築くことができます。

特に女性の場合は、
気持ちを正直に現す姿に
心惹かれる男性も多いと思います。

 

 まとめ

感情線の長さは
感情の優位性を示している。
人生を楽しめるタイプ。
熱しやすく冷めやすいのが弱点
もちろん、
感情的で悪いところが目立つ人もいる。
しかし、正直であることには
かわりがなく、
信頼を築ける人と言えます。