手相を勉強していくと
これはどっちのこと?」と
思うような
似たような線があることに
気がつきます。

 

今日はその典型である
火星環千金紋のお話です。

〇 火星環

火星環は、
第一火星丘を起点として
土星丘へ向かう線のことです。

火星環

参考記事:火星丘 土星丘

土星丘に向かう線は
運命線の一種と考えてください。

火星丘の場所と意味。3種類の火星をしっかり覚えましょう。

〇 火星環の意味

まずスタート地点である
第一火星丘
闘争・勇気・意思力」などの
アクセルの役割です。

そこから出た線が
土星丘に到達します。

土星丘
思慮・勤勉・忍耐」を示します。

 

この火星環があるということは
目標に対し、勇気を持ち
深く考え、継続して学び
結果が出るまで耐えることができる
という判断になります。

 

つまり、目標を叶えるために
しっかりと努力ができる人
ということになります。

とてもいい線ですね。

 

〇 千金紋

火星環に非常に似ている線で
千金紋という線があります。

 

違いは起点です。

線のスタートが
生命線と同じ位置からです。
千金紋

〇 千金紋の意味

千金紋は
別名「成り上がり線」とも
呼ばれています。

 

どん底から成り上がる。
貧乏からお金持ちになるという
強運を示す
珍しい線です。

土星丘への線は
運命線の一種です。

生命線から仕事を示す
運命線が出ているので、
人生をかけて勝負することが
うかがえます。

 

努力して力を尽くすからこそ
成り上がることができると
いえるでしょう。

 

〇 まとめ

終点が土星丘の線は
運命線の一種である。

 

起点が第一火星丘なら
火星環

火星環は、
目標まで忍耐と努力で
進んでいける人。

 

起点が生命線なら
千金紋

成り上がり線とも言われ
人生をかけた努力によって
成り上がることができる線です。

 

どちらの線も、
寝ているだけでは成功できません。

この線があるなら
努力する価値があります。