手相で子宝を見分ける方法は
色々あります 一覧で徹底解説

 

手相には昔から
「子宝」を示す線が
多数紹介されています。

今日は一覧でご紹介します。

〇 妊娠しやすい?

 

妊娠しやすいかしにくいかを
見極める一番簡単な方法
小指の長さを見ることです。
妊娠子宝小指長さ

この図のように
薬指の第一関節に比べて
小指が長いか短いかで判断します。

 

多くの場合
小指が長いと
妊娠しやすい傾向
が強いです。

 

〇 生殖線子ども線

 

昔から生殖線と呼ばれていて
最近は子ども線と呼ばれる線が
あります。
生殖腺子ども線

この線は、
「結婚線」の上
縦に伸びる線の事です。

 

この線がたくさんある方が
子宝に恵まれやすい
言われています。

 

私の研究では
線の数と子どもの数は
一致しませんので、
あくまで
「できやすさ」を判断する
ひとつの目安になります。

 

またここは財運を見るところで
縦の線があると
お金が出ていく暗示でもあります。

 

出産はお金がかかりますから、
納得ですね。

 

〇 子宝線

 

妊娠出産を見るのに
もっとも有名なのは
おそらくこの「子宝線」です。

子宝線

この線は
「感情線」の起点付近に
「矢印の様な形」
現れます。

 

これも、
本数によって
子どもの人数を見るという方も
いらっしゃいますが、
私は本数と人数に
関連はないと考えています。

 

〇 まとめ

子宝
できやすさ」を判断することで
ある程度予測することができます。

 

ここで大切なのは
「パートナー」の線
必ず確認すること!です。

 

自分だけの問題ではありませんので、
二人の手相を見比べて
仲良く将来設計して
ラブラブになってみては
いかがでしょうか?