講座のご参加者様や
鑑定のお客様に聞くと

自分の手相よりも、
子どもの手相が知りたい
という人も多いです。

 

ところが、
子どもの手相は難しいのです。

 

なぜなら、
まだまだ未来が未知数
たくさんの道があるからです。

 

つまり、
それだけ、「手の線も多い」
ということです。

 

特に、赤ちゃんや
幼児期のお子様は
手の線がたくさんあります。

 

コレを見極めるのは難しいので、
注目ポイントをお伝えします。

 

〇 見極める簡単なポイント

 

▼まずは、手の大きさ

体の割に大きいときは
心優しい子

 

体の割に小さいときは
気の強い

 

▼線が少ない子

線が多いのが普通ですが、
線が少ない場合は
自分をしっかり持っている」子

 

▼指が長い子は

わかりやすく言えば
ませている」というか
大人びています。
プライドを持っているタイプです。

 

▼肉厚で丸い手。

普通の幼児と言えます。
こどもらしいこども
これが一番
愛らしいかもしれません。

 

〇まとめ

このように、
線を見なくても
わかることが沢山あります。

手相というと
つい「線」に注目して
しまうものですが、
線以外の
簡単に判断できるところか
基礎を押さえてくと
手相はとっても簡単です。

 

今日の内容を
お友達やお子様で
試してみてください。

 

「知ったらすぐにやってみる」
これもとっても大切なことです。

 

早速、使ってみてください。
ご報告も
お待ちしております。