連日、
手相の中でも地味
線の種類」を
お伝えしていますが、
まだ半分くらいです。

 

耐えられますか?(笑)

 

手相を分析するには
重要な要素になりますので
一緒に学んでいきましょう。

 

地味とは言っても
本日ご紹介する種類は
比較的有名です。

〇 鎖状線

 

本日の線は
鎖状線(さじょうせん)」です。

 

本当はこのまま
覚えて頂きたいのですが、

 

この線の種類は
「さじょうせん」「はじょうせん」
別の漢字で「さじょうせん」と
似たような呼び方の
線の種類が多いので
私は
くさりじょう」と
表現するようにしています。

 

「鎖状の線」は
このような形です。

線そのものが
鎖のようになっているのが
ご覧頂けると思います。

 

〇 鎖状線の意味

 

図のような
鎖状の線は
浅く細かく幅広く出る傾向にあります。

 

線の状態ですので
どこに出てもおかしくありませんが
主に主要線と呼ばれるような
生命線、頭脳線、感情線、
そして、運命線が
鎖状になることが多いでしょう。

 

意味は
大切な線が
細かく浅く広がっている状態なので、
その線の意味を弱めるとされています。

弱めるというのは
悪い意味として捉える事になります。

 

〇 例えば

 

意味を弱めるという表現は
毎日手相に向き合っていない方にとっては
なじみのない表現だと思うので、
例を使ってご説明していきます。

 

生命線

生命線の一部または全部が
鎖状になっていれば
それは、生命力
つまり、やる気や活力の少なさ
示していると考えます。

 

身体が弱い場合もあれば
精神的にマイナス思考の場合もあります。

頭脳線 知能線

頭脳線の一部または全部が
鎖状になっていれば、
考え方がまとまらない事を
示しています。

 

優柔不断という表現もできますし、
いろんな事が気になるタイプとも言えます。

 

感情線

感情線の一部または全部が
鎖状になっていれば、
恋多きことを示しています。

 

恋愛に執着していく場合もあれば
趣味が多くなる場合もあります。

 

運命線

運命線の一部または全部が
鎖状になっていれば、
運命の迷いを示しています。

仕事や進学など
大きく迷い
転職が多くなる傾向にあります。

 

〇 まとめ

 

鎖状線は
見たことがあるかもしれません。

 

キレイな状態が理想的な
手相の線が
鎖状になっていれば、
意味が弱まる事を示しています。

 

このような状態の線が
運命が変われば変化するという説もありますが、
あくまで説であると考えます。

 

主要線に出るために
乗り越えても鎖状のまま
という人もいます。

 

いつものように
この線だけにとらわれず
手相全体を見るように
心がけましょう