生命線」は
鑑定の基準になる大切な線」と
講座では教えています。

 

なぜなら、
「その人の生き方」
「その人の人生」が現れるのが
生命線」だからです。

世間一般では
寿命」や「病気
様々な人生の出来事がわかると
本などに書かれています。

そのため、
生命線の長さや形
心配する人は多いのです。

 

そして特に気にするのは
枝分かれ」している状態です。

 

生命線が分かれているので
とても心配になりますよね。

 

今回は
生命線の枝分かれを
解説していきます。

生命線枝分かれの代表的な旅行線

 

生命線が枝分かれしていると
言われたときに
まず思い出す線は
旅行線」です。
旅行線 生命線枝分かれ

 

旅行線は
生命線の比較的手首に近いあたりで
枝分かれしています。

 

旅行線は
昔は「旅行好き」なんて言われていましたが
交通が発達してきたことにより
現在は
海外流出線と呼ぶ先生もいます。

 

私としては、
性格的に
ひとつのところにとどまれない
タイプと分析しています。

 

これは悪い意味ではなく
いろんな事に興味を持ったり
地元から出て、
遠くの都道府県や国で
生活することに抵抗がなかったり
非常に行動的であることを
示しています。

 

ですから
旅行線があっても
旅行を全然しない人もいます。

逆に、
旅行線がなくても、
旅行が大好きが人もいます。

 

このように、
枝分かれをしていても
旅行線は悪い線ではないので
心配する必要はないでしょう。

 

生命線の小さな枝分かれ

 

おそらく一番不安になるのが
旅行線じゃないけど、似たような線がある」という場合です。

 

例えばこの図の「下向き」と
書かれているの赤い線に注目してください。

生命線分岐支線枝分かれ

 

旅行線よりも下の方で
旅行線よりも細く出ています。

 

このような線は
不安をあおるようですが、
手相において
下向きや横向きの線というのは
基本的に悪い線として考えます。

 

では、その下向きの線が
生命線に出ている場合は
どのような意味になるか見ていきましょう。

 

生命線の下の方で
枝分かれしているのは
体力の低下や
病気など
健康状態が
悪化していることを示しています。

 

この小さな下向きの線が
出ている場合は、
年齢にかかわらず、
健康を意識して
体の声を聞いて起きましょう。

 

また、
「悪化」と書くと
とても悪いように感じますが、
いくつか安心材料として
補足しておきましょう。

 

まず、
生命線の下の方
多くの場合「晩年」を示しています。

わかりやすく言えば、
老後」を言っていいでしょう。

「老後」と考えれば
年齢的に
「体力の低下」や
「健康状態の悪化」は
自然に訪れるものです。

という事は
そんなに心配いらない」と
考えて頂いて
良いでしょう。

 

また、
健康をどの程度
気にした方が良いかは、
「その人の体力」を
知っておく必要があります。

 

体力も
生命線である程度見る事ができます。

元々の体力は
手相においては
生命線の濃さや大きさで
判断していきます。

 

良い枝分かれもある

 

そして、
枝分かれは悪いばかりではありません。

生命線分岐支線枝分かれ

この図の「上向き」の線は
とてもいい線です。

 

手相において、
縦(上)に伸びる線
昔から吉相(きっそう)と呼ばれ
良いことがある暗示とされてきました。

 

ですから、
生命線が枝分かれしていても
上向きの線が多いなら
喜んでいいでしょう。

 

線を消すということは
なかなかできません。

 

ということは、
下向きの悪い線を消すよりも
上向きのいい線を
多くする
努力をした方が
圧倒的にいいでしょう。

 

生命線から上向きに出る線は
努力によって増える可能性があります。

 

仕事を一生懸命する。
勉強を一生懸命する。

人のために役立つことをする。
ルールを守るなど
日頃の努力で
いくらでも改善できます。

 

一番良くないのは
悪い線が出ている人に多い
「また悪い線が延びた」と
悪い線ばかりをみてしまうことです。

 

もうすでに手にある線は受け入れて
それ以上にいい線が出るように
努力するのがいいでしょう。

 

どのような努力が必要かは
人それぞれですので、
手相鑑定を受けることをおすすめします。

 

まずは、
枝分かれがあっても
あまり気にしないことです。

手相は様々な見方ができますが、
占いは幸せになるためにあるものです。

占いに翻弄されずに
真実を知って
幸せに生きるために活用していきましょう。

↓メルマガ登録↓