手相が難しいと
思われる理由は
人それぞれ違うという点と
同じ線でも
いろんな名前
や意味がある
という点です。

 

私は別名は不要だと考えていますが
説明上いろんな名前が
必要な点は
否定できません

 

今日ご紹介する線も
いろんな見方が出来る線です。

〇 生命線を起点に小指へ

 

私は手相を説明する時
「〇〇線」という表現よりも
〇〇を起点に〇〇に向かう
という表現を好みます。

 

理由はそれが
線を理解するには
最良の方法だと
考えているからです。

 

今日の線はこちら
生命線起点財運線

 

生命線を起点として
小指下の水星丘に向かって
伸びる線です。

 

〇 もしかしてあの線?

 

手相をある程度勉強されていたら
ピンときたかもしれません。

 

そうです。
この線は
生命線を起点とした財運線です。

 

ここで最初に私が言った
「〇〇線」と表現しない理由が
わかって頂けます。

 

この「財運線」であれば、
財運線の意味を
覚えなければなりません。

 

線の名前と意味で覚える
財運線はお金が貯まると覚えても
生命線から始まるときと
運命線から始まるときと
などなど、
すべて覚えなければなりません

 

しかし、財運線
生命線を起点として
 水星丘に伸びる
」と見れば

人生そのもの、
自分自身の経験を示す生命線から
財運、商才を司る丘に伸びているから
自分の努力や経験で
 財産を得られる人
」と
スルスルっと
意味が導き出されてきます。

参考記事:生命線起点財運線

生命線から財運線が出ている?どんな線か見てみましょう

 

手相は基本的に覚えるのではなく
地図として見て
どこから始まって
どこに向かっているのか

というところから
導き出していきましょう。

 

〇 まとめ

 

手相は、線と意味の組合せより
地図のように捉える
方が
わかりやすい。

 

生命線起点の財運線
自分自身の経験
つまり、努力によって
財運が得られる
ことを意味しています。

 

この線があるのなら、
それが叶うように
努力していきましょう。