講座でよく受ける質問
「シワと線は違うんですか?」
ということ。

 

鑑定をする段階では
あまり気にしなくて良い点です。

 

しかし、私もそうでしたが、
習い始めての時期の疑問に
答えてもらえることは
その後の学びに影響を与えます。

 

よくわかっているので
しっかりと解説させて頂きます。

 

まず、私は鑑定するときに
シワでも線でも
どちらでも「しっかり見る
というスタンスです。

シワとは

その上で、
「シワ」とは
「線」と認識できないほど
細くか弱い線のこと。

 

例えば、
あなたの「金星丘」
親指の付け根の
生命線内側部分を見てください。

しわが多い手相

そこには、
横に細かい線が走っています。
これくらいのものを
「シワ」と判断します。

 

手を伸ばせば
消えてしまいそうな線のこと。

 

「シワ」
大きな影響力はなく
「今の状態」を示すことが多いです。

線は

次に「線」
今説明した「シワ」よりも濃く
長いものが
すべて「線」ということになります。

 

線は
その形や長さによって
意味を見極めていく
ということになります。

簡単にまとめると
「シワ」は細く
意味は「今」の状態を
示していることが多い。

 

「線」
通常の手相と同じように
長さや形によって
意味を見極めるもの
ということです。

 

図では説明が難しいですが、
講座では、
あなたの手を使って
しっかりと
ご説明させて頂きます。