手相には
色々な印(紋)が出ます。

 

(しるし)や
(もん)と呼ばれるものは
手相の中、
あらゆる場所に出ては消えます。

 

基本的には、
「今このとき」の状態を
教えてくれるのが
印(紋)です。

 

その中でも
「最も有名」と言えるのが
」です。

 

その意味を見ていきましょう。

 

〇 島とは

手相に出る島は
この図のような印です。
手相の島

 

おそらく、
探せば必ずあります。

 

手相の島は
悪い変化の象徴」です。

停滞や困難、障害を示します。

 

〇 恐れないこと

このように
悪い意味なのですが、

人生に困難はつきものです。

 

どんなに幸せな人でも
必ずあります。

 

それに、「恋煩い(わずらい)」
という言葉にもあるように、
人に恋をするという
幸せなときでも、
悩みや困難はあるのです。

 

困難や悩みも、
起業や結婚、出産という
新しいチャレンジに対する
不安であることも多いのです。

 

一概に悪いことばかりでは
ありません。

 

ですから、
あまり恐れないことが
とても大切です。

 

なぜなら、
事前にわかれば回避できます。

 

〇 主要線にあるのなら

主要線
生命線・頭脳線・感情線に
島がある場合は
流年法を使って
年齢を予測して
悪いことが起きないよう
準備をしていきます。

 

専門の先生に
見て頂くというのが
いいですね。

 

もちろん、
私に会いに来てくだされば
とてもうれしいです。

 

〇 まとめ

島は悪い変化の象徴

だからといって、
恐れるのではなく
次へのステップに必要な
階段だと考えてください。

主要線に出ていれば予測可能なので
専門の先生に見て頂きましょう。

 

講座ではなぜか
悪い線の話をすると
皆様急に手相を見ます。

 

不安な気持ちはわかりますが、
悪い線よりも
いい線を探しましょう。

 

いい線やいい印は
これからもたくさん
ご紹介させて頂きます。