手相には
様々な印(紋)が出現します。

 

今までバラバラにご紹介してきたものを
一覧でご紹介していきます。

印(紋)の役割は
なんと言っても
「今」を知る事です。

永久保存版です。

表現の仕方は
紋でも印でもなんでもいいですが、
私は紋と呼ぶことが多いです。

ということは
印と紋は同じものということに
なります。
ひとつ疑問が解消されましたね。

〇 格子紋

格子紋

格子紋はこのように
細かい線があみあみ状態
出現する紋の事です。

 

意味は
「困難」「苦労」「妨害」
という
不安定な状態を示します。

参考記事:手相であみあみ

手相で「あみあみ(格子)」になっているところありませんか?どんな意味なのか見てみましょう

 

〇 円紋

手相の円紋

 

この印も
「障害」や「不運」
暗示します。

 

手相の構造上
丸くシワが出るのは
非常に珍しいことです。

 

場所によっては
幸運の印と考える先生もいます。

参考記事:円は珍しい

手相に現れる「円(サークル)」は珍しいです。意味をひもといてみましょう。

 

〇 十字紋

十字紋(バッテン)

手相のどこにでも
現れます。

十字紋の意味は
一時的な停滞」を示します。

 

人生によくある悩み
とも言えるでしょう。

あまり心配はいりません。

参考記事:十字紋

手相に出る「バッテン」。それは「十字紋」と言います。

 

 

〇 三角紋

三角紋トライアングル

3つの直線によって
三角が形成されている
紋です。

 

三角紋の特徴は
紋そのものに意味があるわけではなく
どこにあるのか、
によって
その場所の意味を増減することです。

 

丘に出れば「意味を強める」
線に出れば「意味を弱める」

という役割になります。

参考記事:三角紋

手相の三角紋(トライアングル)の基本を解説

〇 島

手相の島

言わずと知れた
悪い変化の象徴です。

停滞や困難、障害を示します。

ある程度の期間
苦しむことになりますが、
必ず島は誰の手相にもある
言っても過言ではないくらい
普通の事ですから、
重く受け止めすぎないように
しましょう。

参考記事:

手相の「島」。絶対知っておいてほしい印(紋)1位。徹底解説します

 

〇 星紋

星紋スター

星紋という表現よりも
スターという表現の方が
今は知られているでしょう。

 

3本または4本の線によって
形成される紋です。

 

今までの紋とは違い
幸運」の暗示であり
成功」の暗示です。

参考記事:スター

手相に出るスター(星紋)の基本的な意味を、初心者にもわかりやすく解説

 

〇 魚紋

フィッシュ魚紋

紋の最後を飾るのは
最強の幸運の印フィッシュです。

 

日本では魚紋と
呼ばれてきましたが
こちらも、現在は
フィッシュという呼び方が
一般的です。

 

どこにあっても
幸運の証です。

参考記事:フィッシュ

フィッシュ(魚紋)の手相学における基本的な考え方

 

〇 まとめ

いかがでしたか?

 

手相においては
これらの印は
鑑定の一番最後に見る
「今」を判断する
材料になります。

 

その時の吉凶を見る事ができる
非常に有益な材料になります。

ぜひ、ご活用下さい。