幸運の証が
手相に現れたら、
それだけでうれしいですよね。

あるだけでうれしい印。

それが本日ご紹介する
ソロモンの環」です。

 ソロモンの環の基本

ソロモンの環が出現する場所は
人差し指の付け根部分。

手相用語でいうと、
木星丘に現れます。

参考記事:木星丘

木星丘の場所と意味をわかりやすく解説します

 

ソロモンの環木星環

そのため、
「木星環(もくせいわ)」や
「木星環(もくせいかん)」や
「木星帯(もくせいたい)」と
呼ばれます。

なぜ、ソロモンの環と呼ぶのかは
その昔、ソロモン王に
この印があったからと
されています。
真意のほどはわかりません。

 

 ソロモンの環の意味

イスラエルを繁栄に導いた
ソロモン王から
名前が付いているとおり
繁栄の証」が
ソロモンの環です。

 

リーダーシップ、
カリスマ性、威厳を
備えています。

 

仕事や、事業経営などで
頭角を現し、
成功に導くと言われています。

 

また、近年は
商機を逃さない
「先見の明」を
強い直感力」と考え、

感が鋭く、
占いやスピリチュアルの
能力のある人と
説く先生もいらっしゃいます。

 非常に珍しい

こんな素晴らしい線が
私も欲しい!
いや、夫に欲しい?
と思うかもしれません。

 

実はこのソロモンの環。
非常に珍しいです。

ネットで検索すると
たくさんの画像が出てくるので
いっぱいいるんだなと錯覚しますが、
ほとんどが線とは言えない
細いものです。

事業を成功に導くような
ソロモンの環は
生命線ぐらいの濃さで
ハッキリと刻まれます。

細い線がある方は
それが濃くなるように
生きていきましょう。

 

 まとめ

ソロモンの環は
繁栄を築いたソロモン王から

仕事や事業での成功
勘が鋭く、
占いやスピリチュアルの能力
があると考える。

一番は、
カリスマ性、リーダーシップを
備えている点。

 

非常に珍しい印です。