講座・鑑定情報

確定次第ご案内いたします。

先生紹介

自分にはどのような性格、力があるのか?
それを見つけ出すお手伝いをしたいと思っています。

 

小さい頃より、親の後ろに隠れて何も出来ず、
兄弟、姉妹に何かと手伝ってもらい生きてきた人間でした。

ただ、裏表なく真っ直ぐな所だけが取り柄の普通の女の子でした。

 

学校を卒業して親元を離れて
初めての一人暮らしの就職で
一生懸命頑張って働き、
少しずつ成長して楽しく過ごしました
(遅い自立でした)

 

初めての社会での立場、
初めての一人暮らしで頑張ってきて
積もり積もって倒れてしまい(意識が無かったので)
休日という事もあり病院がなく、
救急車で救急病院へ運び込まれました。


血液検査の結果貧血と診断され、意識も戻り
自宅に帰りました。


寝ていたところ
どうもおかしく起き上がれずにいると、
両親が駆けつけてくれて、
身体の話をしていると身体が真っ白になっていた為、
母が「これはおかしい、もう一度診てもらおう!」と同じ救急病院に運んでくれました。

 

この2回目で
あと2時間遅いと手遅れだったと診断されました


急性出血性潰瘍でした。

輸血ご必要です!と先生に言われたのですが、
フラフラだったのにも関わらず、
人の血液は汚くて嫌だと断ってしまい、困らせたりしました。


何とか出血を止めてもらい、
入院生活を何ヶ月かして、仕事もできない生活でした。

 

その後も
仕事での裏切り、恋愛、結婚での苦労で何故?
どうして?とお先真っ暗だった先の見えない人生に
算命学に出会いました。


占いを勉強しているうちに、
手相も興味があり
色んな手相家の本、YouTubeも調べていて、
統計をとって他とは違う所があり
素晴らしいと思う雅也総帥の手相を習い
初めて救われました。

 

算命学と雅也総帥の手相講座を習い始めて
自分の性格、運勢も分かり、何故?どうして?の謎が紐解かれていきました。


習い始めてからは
手相で良いと言われている縦線が増え続けました。


そして出会う人の質も変わり、
冷静に判断できるようになりました。

 

恋愛、結婚の苦労では何故?と思い続けてました。
そのような中、子育てにも奮闘しながら、
悩む立場だったのに占いを習うようになり、
子供の先の運勢、子供の性格、
自分の立ち位置に考え込む事がなくなり、
そして自分自身を肯定する事ができ自信もつきました。


自分と同じ悩みを持っている人達に
アドバイスしていきたいと思い
占い師として活動しています。

略歴・資格

手相の見方大事典テソペディア
認定手相鑑定士
認定講師
上級認定講師

算命学総本校高尾学館公認
算命学鑑定士・教授