前回に続き 「しわしわ」に関して 「右手」の見方を お伝えしていきます。   それでは 右手の役割から 進めていきましょう。