今日のお題は

転職は左右どちらの手をみるべきか

前回、
「転職の見方」を
簡単に学びました。

 

今回は、もう少し転職に関して
詳しく知るにはどうしたら良いのか
というお話しです。

〇 手の左右

 

前回、「転職時期」を知る事が
大切だけれども、
「時期」を見極めるのは
非常に難しいとお伝えしました。

 

確かに難しいですが、
今後の事をザックリと知るには
手の左右を見比べましょう。

その役割によって
今までよりも多くのことを
知る事ができます。

 

〇 左右の役割

 

まず、手相学的には
「左手」は持って生まれた運勢
「右手」はこれからの運勢
見るのが基本です。

 

そうなると、
左手の運命線
持って生まれた転職」。

右手の運命線
今後や自ら変える転職」と
なるわけです。

 

それでは、
あなたも
左右の運命線を
見比べてください。

 

ここでは、
分かり易いように
どちらか一方が全く転職しない
運命線。

もう片方が、複数回転職する
運命線として、
定義してお話していきます。

 

〇 左手に転職が出ていたら

 

まず、左手の運命線
切り替わり」となって
転職の相が出ている場合です。
運命線切り替わり

この図のように、
左手に切り替わりが出ていたら、
運命において
 複数回転職する予定
」である
ことを示しています。

しかし、もう片方の
右手がキレイな一本の運命線なら
自分でやり遂げる役割を見つけて
それを全うする人生になります。

 

〇 右手に転職が出ていたら

 

もし、左手が
キレイな一本の運命線
なら
運命線

 

運命では
転職の可能性は極めて低く
ひとつの役割を全うしていく
暗示です。

 

しかし、右手が
「切り替わる」運命線
であれば、
自分で転職することを選択して
複数の役割を経験することを
選ぶことを暗示
しています。

 

〇 まとめ

 

左右の運命線の違い
元々転職する運命なのか
自分から転職を決意して
選択
していくのかが
わかります。

 

とはいえ、
どんな人も
「自分で決断」している
意識はあるでしょう。

 

しかし、それが
運命で元々決まっている場合は
左手に暗示として
出ていることが多いのです。

 

もちろん、プロが見る場合は
本日紹介した線だけ
ではありません。

 

悩んでも運命で決まっている場合も
あるので、
流れに身を任せるのも
実は良い選択だったりするのです。

あなたは
左右の運命線に違いはありましたか?