運命線は、
主に仕事を見る線です。
参考記事:手相占いにおける運命線の意味を簡単に解説します。

手相占いにおける運命線の意味を簡単に解説します。

 

仕事というのは
やらなければならないことでもあり
やることで喜びを得られることでもあり
人によって捉え方は様々です。

 

スピリチュアル的に見れば
社会貢献」ですから、
非常に尊い行為です。

 

その仕事の命運を見る線に
「島」が出ていたら。

〇 島の意味

島単体の意味は
今後のメルマガでお伝えしますが、
勉強熱心なあなたは
もうご存じかもしれませんね。
基本的には「悪い意味」です。

わかりやすく言えば
うまくいかない時期」です。

それが運命線にある場合。

〇 運命線に島

運命線島

仕事を司る線に
うまくいかない時期を示す島がある。

 

これは仕事に関する悩み
意味しています。

 

「悩み」といっても、
「もう嫌だ」「困った」という
目の前が暗くなるような
悩みと、

 

「出世」や「スキルアップ」
「転職」など
前向きな悩みがあります。

 

多くの場合
「自分の努力では変えにくい
問題を示しています。

 

〇 対処法は?

 

そんなに悪いと言われたら
不安になっちゃいます。
と思いますよね。

 

安心してください。
必ず対処法があります。

 

運命というのは川の流れです。

もし、おぼれたらどうするか。

流れに身を任す」ことが
まず大切です。

 

「何もしない」という意味ではなく
まずは「体勢を整える」ことです。

 

人生での困難も
「あらがう」よりも
「体勢を整える」ことが大切です。

 

つまり、
いろんな不満や怒りがあっても、
逃げたいことがあっても、
まずは、冷静になるまで
時間をおくことです。

 

「えっ?それだけ?」と
思うかもしれませんが、
仕事でうまくいっている人
自分ではどうにもならない」ことは
さっさと忘れる」能力があります。

 

考えても変わらないことは考えない。
これはとても大切なスキルです。

 

〇 まとめ

運命線の島は
仕事に関わる「困難」を示します。

 

その対処法は
慌てずに冷静な心で対処する。

 

または、
自分ができることがないときは
忘れていく。

 

こういうことが
人生には大切な能力で
仕事で成果を残す人が
持つ能力であるということです。

 

今後は、
運命に関するお話も
手相に絡めて
お話しできればと思っています。