占いやスピリチュアルなことは
本質に到達すれば
とても素晴らしい教えです。

 

ところが、残念ながら、
迷信めいた内容も多く
逆に人を惑わせていることも
多いのです。

 

本質を説いている人と
そうではない人の見抜き方を
知って頂きたいと思います。

 

〇 態度から見抜く

 

本質を説いている先生は
往々にして謙虚です。

お客様がどんなに間違っていても、
一旦飲み込むことができます。

 

本質を知らない人は
「だからあなたはダメなの」と
叱り始めてしまいます。

 

場合によっては、
お客様を叱ることが効果的なことも
ありますが、
ほとんど悩みの解決にはなりません。

お客様を叱るのは
その先生のストレス解消になるだけです。

 

〇 命令しない

 

お客様は多くの場合
「どちらがいいか決めて欲しい」と
思っています。

 

ところが、それでは人生を
良い方向に進めることができません。

 

最終判断はお客様自身がした方がいいのです。

本質がわかっている先生は
選択肢を見せた上で
「あなたが決めていいんですよ」
というスタンスです。

本質がわからない先生は
「こちらにしなさい」または
「こっちを選んだらあなたは不幸になる」と言います。

 

生死を分ける場合以外は
命令しないのが優れた先生です。

優れた先生も、命令をしないだけで、
「こちらにした方がいい」という
アドバイスはしてくださいます。

 

〇 怖がらせない

 

本質を知る先生は
占いの結果で怖いことがあると
わかっても、
そこに到達する前に回避する方法を
教えてくれます。

ですから、お客様としては
怖いことが起こらないまま
自然に運命を変えていきます。

本質を知らない先生は
「このままだと地獄に落ちる」と
お客様を怖がらせます。

そして、次のお話に繋がります。

 

〇 追加料金をもらわない

 

これは、占いの館にいる先生は
会社のシステムがあるので
別と考えてください。

 

先ほどの話の続きで、
本質を知らない先生は
怖がらせた後に
「地獄に落ちたくなければ
除霊しなさい」
「このお札を買いなさい」と
別料金の商品が出てきます。
または、相談が長くなって
延長料金が発生します。

 

本質のわかっている先生は
追加の商品が一切なく
延長料金を頂かない場合が
ほとんどです。

 

〇 幸せに導くこと

 

占い師やスピリチュアルな先生の
本来の役割は
お客様を幸せに導くことです。

それには、
命令や恐怖は不要です。
会社でやったらパワハラです。

ところが、そういうことが
この業界では横行しています。
ここでは書けないことが
いっぱいあります。

それはいつか
手相ではない講座で
お話したいと思います。

 

とにかくいい先生は
お客様の幸せを一番
考えています。

あなたが、感謝される占い師に
なるためには、
お客様の幸せを一番に
考えることが大切です。

占い師にならなくても、
このことは覚えておくと
占いに行くときに役立つでしょう。