前回お伝えしたとおり
頭脳線というのは
手相の中でも
最も重要
位置づけています。

 

そんな重要な線が
薄い」というのは
何か重大な意味が
隠されているのではないかと
考える人もいるでしょう。

 

多くの人はそれほど
気にしてはいませんが
私は昔から気になっていて
なかなか答えを知る事が
できませんでした。

 

今回は
私が鑑定してきた経験を踏まえて
お伝えしていきます。

〇 薄い線

 

線が薄いというのは
その線の意味が薄れ
ということでした。

 

意味が薄れると言うことは
手相内での影響力
薄れることを意味しています。

 

薄れると言っても
良いとか悪いとかに
結びつけないでください。

 

手相の話をしていると
「それって悪いんですか」
「それって良いんですか」と
なりがちです。

 

線や紋の意味自体で
「悪い」とされているもの以外は
まずは、その状態を
純粋に見つめてみましょう。

 

今回なら、
「頭脳線が薄い」ということを
純粋に受け止めることから始めます。

 

〇 薄い頭脳線

 

頭脳線(知能線)はその人の考え方
特に、決断や価値観を司る線と言えます。

 

それが薄いというのは
その人の決断や価値観
あまり人間形成に影響を与えない
ということを示しています。

 

ということは、
例えば、頭脳線の場合
短いと即断即決型
長いと熟慮型という
その人の思考時間を示しますが、

 

頭脳線が薄い場合は
即断即決型の頭脳線でも
それほど影響を与えないために
線自体は即断即決型なのに
性格は優柔不断かもしれない
ということです。

 

簡単に言えば
あまりに薄い頭脳線の場合
その人を判断する材料
ならない可能性があるということです。

 

つまり、頭脳線の形と
その人の性格が
全く違う可能性があります。

 

頭脳線の影響力が少ないため、
その他の、
生命線、感情線、運命線の
影響が強く出ることになります。

 

鑑定する上で
非常に難しい手相と
言えるでしょう。

 

何度も言うように
悪いわけではありません。

 

しかし、頭脳線は
自分の性格を司っていますので
頭脳線が薄い人は
もしかしたら、
自分に自信がない
感じているかもしれません。

 

その場合は
自分に自信を持って
行動していくことで
頭脳線も濃くなっていきます。

 

誰かを傷つけるわけでなければ
自分らしく生きる事は
とても素晴しいことです。

 

もしあなたの
頭脳線が薄いなら
もっと自信持って
自分の歩きたい道
突き進んで下さい。