手相を勉強して行くにあたって、
どのように学ぶかは重要です。

 

最初は
本で勉強する方が
ほとんどだと思います。

 

私もそうでした。

 

手相の本は
100冊以上読んできました。

 

その中でも、
初心者が学びやすい
手相の本をご紹介します。

 

〇 手相の本1冊目

http://amzn.to/OOHGnp

伊泉龍一先生の著書です。
伊泉先生は、とても細かく
研究して本を書かれます。

 

初心者には難しい部分も
あるかもしれませんが、
後々まで長く使える本です。

 

〇 手相の本2冊目

http://amzn.to/1UFIcUa

今の手相のスタンダードに
なっている「キロ」

 

その本をゆきまるさんが
監修してまとめた一冊。

 

本当はもっと細かく書かれていますが、
初心者に優しく
必要なことだけをまとめてあります。
初学者にはお勧めの一冊です。

 

〇 手相の本3冊目

http://amzn.to/1UTSLFC
沢井先生著の名作

 

現代には通用しない解釈
含まれていますが、
手相のすべてを
手元に置いて置くには
素晴らしい本です。

今までご紹介した本を読んでも
気がついて頂けると思いますが、

同じ線でも、
本によって解釈が異なりますが、
その方が
自分の鑑定に生かすことができます。

 

手相はまだまだ
研究途上の占いです。

 

私はその最先端を行くために
日々研究を重ねています。

 

私の本が紹介できるように
がんばります。

 

講座ではいつも
最先端の結果をお伝えしています。