以前から何度も
手相で最も重要な線とお伝えしている
頭脳線(知能線)

それがもし切れていたら・・・

今日はこの意味を解説します。

〇 頭脳線(知能線)

手相を勉強している方にとっては
当たり前のことですが、
頭脳線の意味を簡単におさらいしましょう。

 

頭脳線は、その人の考え方や思考
性格的な部分が現れる線です。

その人そのものを表す線とも
言えます。
参考記事:頭脳線の意味

手相の頭脳線(知能線)に関する初心者でもわかる基本的なこと

 

〇 切れていたら

最も重要な線が切れている。
考えただけでも嫌な感じですね。

まずは形を確認しましょう。
頭脳線知能線切れ

このように頭脳線の途中
どこかで途切れている状態です。

あなたの頭脳線は
切れていませんか?

 

〇 意味

実は、過去には
非常に怖い意味で扱われていました。

例えば、頭への障害や負傷などと
言われていました。

しかし、心配はいりません

私の鑑定経験上、当てはまりません。

 

では、どのような意味なのか。

一つ目の意味としては、
「考え方の変化」を示します。

例えば、学生時代と社会人で
性格が変わった人などは
頭脳線が切れていることがあります。

 

二つ目の意味としては、
「集中できない」タイプです。

これは悪いわけではなく
わかりやすい表現を使っています。

マルチタスクが得意とも言えます。

一つのことを続けるよりも、
いろんなことに手を出し、
思考を巡らせていくタイプです。

 

ここで要注意点としては、
切れている場所や幅によっても
意味は変化していきます。

今日のお話は
基本的な意味として
覚えてください。

 

〇 まとめ

頭脳線が切れている状態は
過去に言われたような
怖い意味ではありません

 

一つ目は考え方の変化
性格の変化を示す場合。

二つ目は
マルチタスクが得意

考えをいろんなことに
巡らせていくタイプの場合。

この二つが基本的な意味になります。

 

もし、
あなたの周りに
頭脳線が切れて悩んでいる人がいたら
今日の記事を思い出して
救ってあげてください。