手相にはまれに
色の付いた「」が
現れることがあります。

 

今までの印とは大きく違い
線ではなく「点」です。

 

[wp-svg-icons icon=”pencil-2″ wrap=”i”] 斑点

手相学ではこの「」のことを
斑点」と表現しています。

斑点

これはホクロやソバカス、シミとは違い
鉛筆で突いたような点
斑点と判断します。

斑点は、出現する場所
意味を阻害することになります。

[wp-svg-icons icon=”pencil-2″ wrap=”i”] 具体的には

例えば、生命線に
斑点が出ていれば、
健康障害と判断します。

 

また、この斑点は
多くの場合
手の線よりも少し濃い色
出ます。

時々、「赤い点」として
出現することがあります。

これは、「阻害」という意味に
プラスして
自分自身の行動や感情によって
阻害」される原因を
作り出している
状態です。

逆を言えば、
「赤い斑点」の場合は
自分の心がけで
回避
することも十分に可能です。

 

[wp-svg-icons icon=”pencil-2″ wrap=”i”] まとめ

斑点は「阻害」の象徴

赤い場合は、自分自身に原因があるため、
回避することも可能である

ホクロやシミとは違う
小さな点で出現します。

出現したら
回避できるように
自分の行動を見直しましょう