手相のややこしいところは
同じ線なのに
名前が違ったり、
意味が違ったりするところです。

 

先生方の研究結果ですけれども、
なるべく統一していきたいと
考えています。

 

今日は、反抗線あやまりま線
仕事線という
名前の線です。

〇 場所の確認

反抗線あやまりま線仕事線
感情線の下に出る線です。
仕事線反抗線あやまりま線

感情線よりは短く
ほかの線に交わることは
ほとんどありません。

単独で出る事が多く、
感情線のように
ハッキリでることが多いです。

 

〇 意味

仕事線反抗線
どちらかで解説されることが
多いです。

 

反抗線としては
自己主張し自分の考え方を曲げない
正義感を押しつけて
人とぶつかることが多いと
解釈します。

あやまりま線という
島田秀平氏の別名の通り
自我を通しすぎる傾向を示します。

 

ところが!
仕事線という一面もあります。

私は、仕事線の意味を採用しています。

 

仕事線は、仕事に熱中する人
ひとつのことを熱心に研究
結果を出していく人にある線です。

 

研究者はもちろん、
芸術家や芸能関係、
仕事で成功する人には
ある線です。

 

忍耐力が強く、困難に対して
喜び勇む傾向があります。

弱点は、熱中するあまり
恋人や家族をないがしろに
してしまう点でしょうか。

今までの成功者も
多くは犠牲の上に成り立っています。

弱点と言うよりも
集中できるという点の方が
大きな価値があるでしょう。

 

〇 まとめ

同じ線でも、
名前や意味が違うことがある。

反抗線あやまりま線は
何かに反抗し自分の意見を
押し通す傾向を示します。

 

私は仕事線の意味を採用していて
何かに熱中し結果を出す人には
あります。

手相をデータ化して研究している
私にも仕事線があります。

気になる人は
講座や鑑定にお越しの際に
私の手相を見てくださいね。