感情線は、
表情豊かな線です。

線自体の形は
大きな違いはありません。

しかし、細かな部分は
人それぞれに多くの表情があります。

その中でも多いものが
枝分かれ」です。

あなたも感情線を見ながら
この記事を読んでくださいね。

 

 感情線が二股

まず、枝分かれの前段階
二股」になっている状態。
感情線二股
この状態は
感受性の豊かさを示します。
今まで涙も流さなかった人が
ある年齢から突然涙もろくなる
その兆候のひとつがこの
二股の感情線」です。
あくまでも「兆候」として出ます。
涙もろさ以外にも、
今までは見せなかったような
優しい心を見せ始めることもあります。

 枝分かれ

二股から発展して
感情線が複数分岐している状態が
枝分かれ」の感情線です。
感情線の枝分かれ
この状態は、二股よりも
より一層感受性が豊かになっています。

涙もろさはもちろん、
芸術的なことに心が癒やされたり
動物や子どもに
ほほえましい気持ちになったりと
優しさが一層深くなっていることを
示しています。

年とともに
人間は自動的に感受性が豊かに
なっていきます。
同時に感情線の枝分かれも
年齢とともに増えるのが
特徴です。

 あげまんも枝分かれの一種

そして、以前登場した
「あげまん」線。
これも感情線の枝分かれです。
参考記事:あげまんの手相

あげまんの手相はあるのか?男も女も知りたいこと

あげまん線
このように、先端が三つ股に
なっている状態が
あげまん線のひとつでした。

これは、持ち前の感受性で
相手の気持ちを察して
行動や言葉を発することができる。
それによって、相手が心地よく
やるべきことに進んでいきます。
あげまんの人は
しっかりと相手の気持ちを察して
支えているのだというのが
わかると思います。

 まとめ

感情線の枝分かれは
二股から始まります。
いずれの場合も
感受性の豊かさ」を示し
例えば、
涙もろさや
芸術に感動することや
優しさとして現れます。
発展系のひとつが
「あげまん線」
あげまんは、
相手のことを察し
行動する感受性が
とても豊かであることを
示しています。
いかがでしたか?
あなたの感情線に
枝分かれはありましたか?
年とともに増えていきます。
じっくり観察してみましょう。