生命線の見方まとめ

手相の中で最も大切な
生命線」について
今までの内容を
まとめていきたいと思います。

 

永久保存版の
バイブルとして活用して下さい。


目次

生命線の基本

 

まず、生命線についての基本を押さえていきましょう。

生命線薄い雅也

 

生命線
親指と人差し指の間からスタートして、
金星丘にそって、弧を描き、
手首線に向かって伸びる線のことです。

 

基本的には、
誰にでも存在する唯一の線」です。

 

だからこそ、手相における生命線の役割は
とても重要です。

  • 生命線の定義や意味の詳しい記事↓
    [blogcard url=”https://www.tesopedia.com/seimeiimi?244″ ]

 

二重生命線の見方

手相において、
とても重要である「生命線」が
2本ある状態の
二重生命線」になっていたら、
どんな意味になるのかお話します。

2重二重生命線

この図のように、
生命線が2本ある状態を
「二重生命線」と呼んでいます。

 

線が2本あるというのは
基本的には良い意味で捉える事が多いのですが、
生命線の場合は少し複雑です。

 

2本あるというメリットはありながらも、
デメリットとして、
困難が多い傾向にあります。

メリットは、
それを乗り越える忍耐力の持ち主
という点です。

  • 二重生命線の意味↓
    [blogcard url=”https://www.tesopedia.com/nijuseimeisenimi?244″ ]

生命線の長さ

 

手相において、
「線の長さ」というのも
重要な役割であり、
様々なヒントを与えてくれます。

 

生命線の長さについてもみてきましょう

 

短い生命線

 

「先生、私生命線が短いんです」と
私の元を訪れて下さる方は非常に多いです。

 

それは、
「生命線」=「寿命」という情報が
流れているからです。

 

あなたも1度は聞いたことがあると思います。
「生命線が短いと寿命が短い」というお話。

これについては、
この記事で詳しく説明しています。↓

  • 生命線が短いと?
    [blogcard url=”https://www.tesopedia.com/seimeisenmijikai?244″ ]

 

長い生命線

実は
「私そんなに長生きしたくないのに、
こんなに生命線が長いです」
というご質問も多いのです。

 

これも
「長い生命線=長生き」と
考えられているからです。

これは、少し当たっています。
生命線の長さと
「生きる力」には関連性があると
考えられており、
私の鑑定経験からいっても
関係性があると考えて問題ないでしょう。

詳しくは↓

  • 生命線が長いと?↓
    [blogcard url=”https://www.tesopedia.com/seimeisennagai?244″ ]

 


生命線の心配事

 

生命線は重要な線だからこそ
小さな変化に敏感になってしまいがちです。
敏感にならないためには、
正しい意味を知れば良いのです。

生命線が切れている

「線が切れる」というのは、
手相学において、
「悪い意味」として捉える事が多いです。

生命線の切れ

このように生命線が切れていると、
「人生の途切れ」と考えることが多く、
一時的な停滞や困難な時期と考えます。

  • 生命線が切れている詳細記事↓
    [blogcard url=”https://www.tesopedia.com/seimeisenkirete?244″ ]

 

生命線に出る障害線

生命線は、手相の線の中で
最も長い線の一つですし、
表情豊かな線です。

特に細かい線が
様々な形で出る事になります。

その中で、最も注意して欲しいのが
障害線」です。

生命線の障害線基本

生命線の場合は、
このように、出る事が多いです。

その名の通り、
障害」を意味しています。

障害と言っても、
先ほどの写真の様な小さいものは
人生によくある
小さな悩みや問題です。
誰にでもあることなので、
気にしないようにしましょう。

  • 生命線を横切る線の記事↓
    [blogcard url=”https://www.tesopedia.com/seimeisyogai141?244″ ]

生命線に出る島

先ほどの障害線同様に、
生命線にはハッキリと
」が出る事があります。

生命線島年代別

島は、手のどの場所にも
出る可能性があります。

生命線においては、
出る場所によって
いつその問題が起こるのか
おおよその時期を判断します。

  • 生命線の島について↓
    [blogcard url=”https://www.tesopedia.com/seimeisima047?244″ ]

生命線の状態

手相を判断する時には
線の状態」も
重要な要素になります。

例えば、
線のが濃いか・薄いか。
線から支線が出ているかどうか。

このような
ちょっとした変化に注目することで、
手相鑑定の精度は
飛躍的に高くなっていきます。

 

生命線の
いろんなパターンを学んで、
鑑定精度を高めていきましょう。

 

生命線が枝分かれしている

生命線は
様々な場所で
枝分かれします。

起点の部分はもちろん、
線の途中から末端まで
生命線は分岐が表情豊か。

いろんなパターンが存在します。

生命線分岐支線枝分かれ

  • 生命線の枝分かれ
    [blogcard url=”https://www.tesopedia.com/seimeiedawakare297″ ]

生命線の二股 旅行線

生命線が枝分かれしている状態の
代表的なものは
旅行線」でしょう。

 

多くの人が
旅行線はご存じで
「旅行好き」というのが
一番オーソドックスな解釈になります。

 

生命線の二股に関する詳しい情報↓

  • 生命線二股(旅行線)
    [blogcard url=”https://www.tesopedia.com/seimeiryokyo046?244″ ]

生命線の濃い薄い

線の濃さ」というのは
手相において
とても重要な役割を果たします。

 

そもそも重要な「生命線」ですから
濃さもとても重要になります。

 

「線の濃さ」は
「線の意味の強さ」と
考えて頂いていいでしょう。

 

単純には
「線が濃い」=「意味が強い」
「線が薄い」=「意味が弱い」と
判断しましょう。

生命線の濃さに関する詳しい情報は↓

  • 生命線が濃い1
    [blogcard url=”https://www.tesopedia.com/seimeikoi217?244″ ]

 

  • 生命線が濃い2
    [blogcard url=”https://www.tesopedia.com/seimeiusui218?244″ ]

 

  • 生命線が薄い
    [blogcard url=”https://www.tesopedia.com/seiusui238?244″ ]

 


 生命線の支線

生命線・頭脳線・感情線のような
主要線には
様々な支線が出ています。

 

細かい運勢は
この「支線を見る」事で
判断する事ができます。
一つ一つ見ていきましょう。

生命線の影響線

生命線に沿って
細く出る線の事を
「影響線」または
「火星線」と呼びます。

 

二重生命線と
勘違いされることも多いので
注意が必要です。

生命線の影響線

二重生命線の場合は
もっと濃くハッキリと出ます。

 

影響線は
その名の通り、
「影響」のある線で、
多くは
「パートナーとの関係が良い時期」と
捉える事になります。

つまり、
自分にとって
いい影響を与えられている状態でもあり
相手にいい影響を与えている状態でもあるという
とても良い時期を示しています。

  • 生命線の影響線
    [blogcard url=”https://www.tesopedia.com/seimeieikyo143?244″ ]

 

  • 生命線の火星線
    [blogcard url=”https://www.tesopedia.com/kaseisen207?244″ ]

生命線から出る財運線

生命線を起点として
小指の付け根である
水星丘に向かう線を
財運線」と言います。

 

その名の通り「財運」を見る線で
特に「貯蓄」に関わる事を
示しています。

生命線起点財運線

 

  • 生命線から出る財運線
    [blogcard url=”https://www.tesopedia.com/seimeizaiun142?244″ ]

生命線に出るフィッシュ

幸運の印」と言われる
フィッシュ」魚紋

生命線に出現した場合は
どのような意味になるのか
気になりますよね。
下記のリンクから詳細をご覧ください。

  • 最後はフィッシュ!
    [blogcard url=”https://www.tesopedia.com/seimeifish241?244″ ]

 

〇 まとめ

 

生命線
まだまだ記事がありますし
もっと増えていきます。

 

ここでは伝えきれませんが、
困ったときは
この記事を起点に
生命線のことを
調べてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

未来を自在に操る賢者の手相家
 「雅也」
ザ・フナイ連載
手相心理学創始者
手相の見方大事典テソペディア総帥

目次